本並美徳の合唱指揮人生

プロフィール






2019年2月22日
いずみホールにて
リハーサル
Yoshinori Motonami

撮影/写真家:木下幸雄
1941年大阪生まれ。日本専売公社に勤務しながら1961年より関西合唱団に所属し、守屋博之氏(常任指揮者)宝木先生、若谷先生など素晴らしい先輩たちの指導のもとに、永年副指揮、芸術局長、研究生講師等歴任、又故チェリストの井上頼豊先生、「鳥の歌」カザルスとカタルーニアをコクサイの舞台で演奏。外山雄三先生他にも師事してきた。

また同時期、後も、東大阪センター合唱団、河南混声合唱団、大阪パルコープ・レインボーコーラス、他の指揮にも携わってきた.

1993年地球環境サミットに参加、ブラジルはリオデジャネイロ、サンパウロ、他アマゾン(マナウス)、イグアスにも足を運ぶ,「エコロジスト」。
(1993年~98)大阪ハインリッヒ・シュッツ合唱団に所属し2回のドイツ公演参加。未熟ではあるが、合唱の心髄を全身に浸み込ませてきた。
今世紀初頭、藤後博巳老師と出会い、彼の熱烈な励ましを得ながら、私の音楽人生は大きく開花・・・全国の紫金草合唱団を率い10回を超える中国公演
(南京・北京・上海・哈爾浜を中心に)もやってきた。この活動はまだまだ続いている。
また、満州、モンゴール、ロシア(二回のボルガクルーズの中では、モスクワ、サンクト・ペテルブルグ、ニジリ・ノブゴロード、カザン、ウリアノフスク、サマーラ、サラトフ、ボルゴグラード)、、イルクーツク、ハバロフスク、ウラジオストーク、他シベリア)へと進み、日本人として、恥ずべき蛮行の歴史、満蒙開拓団の歴史をたどり、「不忘歴史・面向未来」を肝に命じ,今また復活させようとしている軍国日本を告発している。

藤後老師と共に立ち上げた合唱団は数多くあるが、
現在、男声合唱団昴」を始め、「ロシア民謡合唱団コスモス「関西紫金草合唱団」「奈良紫金草合唱団」「とよの合唱団」を指揮。
これらの合唱団は、全国のコンクールでは何回も入賞を得ている。   
又作曲・編曲も手がけている。
大阪音楽大学サテライト・マスターコース合唱指揮者コース第一期生修了。
故、日下部吉彦先生とは「うたごえ」との接点を作るために奔走し、励まされてきた。又先生はなぜかいつも本並を持ち上げてくださった。
朝日テレビ局の社員食堂で食事を共にしたり、ABCテレビにも出演した。
日本ユーラシア協会、大阪コレギウム・ムジクム後援会「シュッツの会」会員。元日中友好協会会員、元関西音舞会会員、元日本ピアノ調律師協会員
  〒536-0002 大阪市城東区今福東2-1-37-101在住  URL、http://www.motonamiyoshinori.net/  

        本並美徳のリンク   工事中      
*日本のうたごえ全国協議会
*大阪のうたごえ協議会
* 関西合唱団
*全国紫金草ネットワーク
*とよの合唱団
2018,10,28公民館まつり
*コスモス
・cosumosu5の土歌う会
大阪コレギウム・ムジクム
*男声合唱団「昴」  *関西紫金草合唱団ニュース17.318.319.320.321.322. とよの春のうたう会  *伊賀滝口工房&ギャラリー和
*男声合唱団「昴」ニュース
685686.687.688.

奈良紫金草合唱団便り 108.109110.111112.113.114.
*タリン音楽祭と交流 *レインボーコーラス14回コンサート やさしい春風にのせて
 *ねむかホール地図 紫金草から潤滑剤      




男声合唱団「昴」第12回コンサート
みなさまのおかげで、無事終了終了致しました。
下記はプログラム、写真の速報です。参考にしてくださいませ。
又聞いてくださった皆様には、厳しい評もお願いいたします。

男声合唱団「昴」ニュース682.















アンコール

①4手のピアノ伴奏による「このみち」 初演  金子みすゞ/詩  石若雅弥・作編曲

②4手のピアノ伴奏による「昴」 谷村新司/詞・曲 指揮:伊藤 知






速報写真



次回20周年記念コンサート(2020年5月予定)のために団員を募集しています。
声の出る方なら誰でも(女声でも低い声「コントラアルト」を特別に)募集しています。
目標80名、よろしくお願いします。


下記は今回のチラシ(募集要項をご覧ください)





第一部 写真
第二部写真
第三部写真
各パート写真
リハーサル sikisyano mittomanai henge
幸い本番はありません

ご案内

世界最大の音楽祭、タリンへゆきませんか!
世界最大のフェスチバルと音楽祭典、世界一苦難のホロコースト、アウシュビッツと。

この目で確かめる戦争を語り継ぐ、平和の旅!(特別シリーズ)
今、定員③コースで100名を超えています。わずか数人の余裕はありますが。
世界から数十万人もの合唱ファンが訪れ交流します。
一度は知っておきたい、見聞きしておきたい、めったに行くチャンスはない。
5年に一度の、
憧れの歌と踊りのフェスチバルです。