本並美徳の合唱指揮人生
お問い合わせ y.motonami@nifty.com

プロフィール







南京芸術劇場にて
紫金草物語演奏
1941年大阪生まれ。日本専売公社に勤務しながら1961年より関西合唱団に所属し、守屋博之氏(常任指揮者)宝木先生、若谷先生など素晴らしい先輩たちの指導のもとに、永年副指揮、芸術局長、研究生講師等歴任、又故チェリストの井上頼豊先生、「鳥の歌」カザルスとカタルーニアを国際の舞台で演奏。外山雄三先生他にも師事してきた。

また同時期、後も、東大阪センター合唱団、河南混声合唱団、大阪パルコープ・レインボーコーラス、他の指揮にも携わってきた.

1993年地球環境サミットに参加、ブラジルはリオデジャネイロ、サンパウロ、アマゾン(マナウス)、イグアスにも足を運ぶ,「エコロジスト」。
(1993年~98)大阪ハインリッヒ・シュッツ合唱団に所属し2回のドイツ公演参加。未熟ではあるが、ユーロッパの合唱の心髄を全身に浸み込ませてきた。
今世紀初頭、藤後博巳老師と出会い、彼の熱烈な励ましを得ながら、私の音楽人生は大きく開花・・・全国の紫金草合唱団を率い10回を超える中国公演、ニューヨーク公演
(南京・北京・上海・哈爾浜を中心に)もやってきた。この活動はまだまだ続いている。ホロコーストの歴史は、ヒットラーに次ぐ、「方正」がある。いまだに語らない隠し続けようとする、日本のむごい国策であった。これから、告発に入る。
また、満州、モンゴール、ロシア(二回のボルガクルーズの中では、モスクワ、サンクト・ペテルブルグ、ニジリ・ノブゴロード、カザン、ウリアノフスク、サマーラ、サラトフ、ボルゴグラード)、、イルクーツク、ハバロフスク、ウラジオストーク、他シベリア)へと進み、日本人として、恥ずべき蛮行の歴史、満蒙開拓団の歴史をたどり、「不忘歴史・面向未来」を肝に命じ,今また復活させようとしている軍国日本を告発している。

藤後老師と共に立ち上げた合唱団は数多くあるが、
現在、男声合唱団昴」を始め、「ロシア民謡合唱団コスモス「関西紫金草合唱団」「奈良紫金草合唱団」「とよの合唱団」を指揮。
これらの合唱団は、全国のコンクールでは何回も入賞を得ている。   
又作曲・編曲も手がけている。
大阪音楽大学サテライト・マスターコース合唱指揮者コース第一期生修了。
故、日下部吉彦先生とは「うたごえ」との接点を作るために奔走し、励まされてきた。又先生はなぜかいつも本並を持ち上げてくださった。
朝日テレビ局の社員食堂で食事を共にしたり、ABCテレビにも出演した。
日本ユーラシア協会、大阪コレギウム・ムジクム後援会「シュッツの会」会員。元日中友好協会会員、元関西音舞会会員、元日本ピアノ調律師協会員
  〒536-0002 大阪市城東区今福東2-1-37-101在住  
URL、http://www.motonamiyoshinori.net/
お問い合わせ、メールアドレス:y.motonami@nifty.com
 

        本並美徳のリンク         
*日本のうたごえ全国協議会
*大阪のうたごえ協議会
* 関西合唱団
*関西紫金草合唱団ニュース321.322.323.324.325326.327.328329,330.
*とよの合唱団
2018,10,28公民館
とよの秋のうたごえ喫茶
*コスモス
・cosumosu5の土歌う会
大阪コレギウム・ムジクム
*男声合唱団「昴」 
*男声合唱団「昴」ニュース682.
奈良紫金草合唱団便り
115.116.117.118.119.
120
121.
*2019年7月タリン音楽祭
You tubeは下記
https://youtu.be/KMrUNzD5qZU
 *伊賀滝口工房&ギャラリー和
*男声合唱団「昴」ニュース
696.
697,698,689,699,701,702
満蒙開拓団の歴史
*満蒙開拓団の壊滅a
「方正」を勉強する資料
houmasa1.houmasa2.houmasa3.houmasa4.


音登夢さん
ホームページ
へのリンク
ぶるーむ音楽館 *レインボーコーラス14回コンサート やさしい春風にのせて
 *ねむかホール地図 紫金草から潤滑剤    

タリン音楽祭鑑賞と合唱交流の旅 特集
https://youtube/KMrUNzD5qZU    You Tubeは左記7分

2019年7月タリン音楽祭を観に行くツアーについて、
男声合唱団「昴,コスモス、関西&奈良紫金草合唱団、とよの合唱団、関西合唱団、
合唱団
「白樺」、北海道合唱団、豊川たけのこ,新婦人花の輪、ハミングバード、東京労音合唱団、
樫の木、ちばりょう沖縄、広島共に生きる、パラダイス、コーラス春、埼玉合唱団レインボー、藤沢合唱団、
長野合唱団、広島共に生きる、コーラス春、堺フロイデ、水の輪混声、関西合唱団OB
日本のうたごえ合唱団、他のサポーターを含め107名と多くのメンバ
ーが参加したのは、

ポーランドのオシフィエンチム&ワルシャワ、フィンランド、そして、バルト3国を巡るコースでした

音楽祭や現地での合唱交流についてのもようは、参加メンバーからの報告や感想を、又記録Discをお待ちください。

 その他の見学場所については、私たちのカメラや記録も上梓していますが、
大切な説明は下記URLをご覧いただくとよく理解できると思います。

ぜひご覧ください。

 

アウシュビッツ・ビルケナウ強制収容所

https://ja.wikipedia.org/wiki/アウシュヴィッツ%EF%BC%9Dビルケナウ強制収容所 

https://www.youtube.com/watch?v=FKRQaSzHVoQ 

 

リトアニア、ヴィリニュスにあるKGBジェノサイド博物館

https://dent-sweden.com/northern-europe/lithuania/genocide-museum

https://yo-hey.info/infomation/kgbmuseum

 

杉原千畝領事館跡記念館関連のネットサイト

http://worldheritage.life/201107/SugiharosNamai.html 

https://lesbian-traveler.com/sugiharahouse 

http://www.sugihara-museum.jp/about/ 

 以上/伊藤 知 提供

以下本並の写真他

ワルシャワ大学での交流




ビルケナウ第2捕虜収容所
この線路で運ばれてきた奥の広大な悪夢の地には各地から運ばれてきたユダヤ人、
他の民族をも含む幾々万人もの、人類史上最大の虐殺があった。
世界の列強の目が行き届かない最高の位置にあったと!



クラクフ、アウシュビッツ、ワルシャワ大学との合唱交流のあと、
(バルト3国)リトアニア、ラトビア、エストニア、いずこの国も素晴らしい古都の歴史を誇っていた。
こんな長旅をし、最終目的地はエストニア「タリン」
2019年7月7日、5年に一度の世界一大きな、タリン音楽祭に参加できました。
あまりにも大きすぎて、参加人数等、正確に発表出来ません。
今ビデオ、写真、音源を制作中です。
以下は3コースの内①コースの私のカメラの収録を、取り急ぎ上梓致します。(クリックし印刷もできます)
(写真は行程の説明を省いて羅列していますが、お許しください)
特にタリン音楽祭の記録はDVDの制作中ですがこれは膨大すぎて上梓出来ません。
参加者の皆様には、旅の記録として、後日数枚の記録集をお送り出来ますので、お許しください。
又他の希望者にも送れます。

この旅での最大の教訓は、お別れの時たまらなくなって言った「ガイドのケルトさん」の言葉です
崩壊の前、戦車がやってきた、私も親の反対を押し切って、窓を破って飛び出し、テレビ塔の前に、
無防備の群衆と一緒だった「歌った!」
戦車は何もできずに帰った!

差し上げた「緑の歌集」「平和の子守唄」
「暗い闇の向こうからある日見知らぬやつがやってきた・・・」



動画は下記You tubeで見ることが出来ます。

本並撮影動画
https://youtu.be/KMrUNzD5qZU

下記に日本エストニア協会から送られてきた画像、映像を添付します。

踊りの祭典(7/45
  https://estonianworld.com/culture/gallery-more-than-10000-dancers-participate-in-estonian-dance-celebration-2019/

  歌の祭典(7/67) 画像
  https://estonianworld.com/culture/gallery-estonian-song-celebration-2019/

  ETV中継映像  8時間
https://etv.err.ee/954270/xxvii-laulupidu-minu-arm


以下は本並撮影写真集です


▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

本並美徳(Yoshinori Motonami) 

日本国  〒 536-0002

大阪府大阪市城東区今福東2-1-37-101

電話 06-6933-0565 携帯電話 090-92702971

PCアドレス  y.motonami@nifty.com

本並美徳のURL「本並美徳の合唱指揮人生」

http://www.motonamiyoshinori.net/

男声合唱団「昴」のURL

http://subaru-oasaka.info/

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲